«

»

年収の高い薬剤師求人を探す

薬剤師の年収は平均で600万円に届かないくらいだといいます。
6年間勉強ばかりでやっと国家試験に合格してもそれくらいかと思った方、これはあくまで平均した年収なのでもっともらっている方はもらっています。
ドラッグストアで責任ある立場になると、年収1000万円になるという話を聞いたこともあります。
では、年収の高い薬剤師求人を探すにはどうしたらいいのでしょう。
年収だけで考えるのなら地方で就職するという選択肢があります。
医師の都市偏在は以前から言われていますが、実は薬剤師も都市に偏在している傾向が強くあります。
地方の薬局や病院では薬剤師不足で困っています。
薬剤師がいなくて困っているんですから、それなりの年収を出しても人材を確保したいというところでしょう。
それは年収を上げて医師に来てもらおうと努力するのに似ています。
年収が増えるとしても地方に行くのはどうもという方は、先に書いたドラッグストアで働くという方法もあります。
責任ある立場になり販売力もつけたなら、薬局や病院で働くよりも年収が良くなる場合もあります。
仕事は大変になるでしょうが、その分年収はアップするので望み通りでしょう。
他にも、年収やボーナス、退職金も期待できる仕事に、薬剤師の地方公務員、地方公務員一種になるという選択肢もあります。
あまり存在が知られていないのか、薬剤師で地方公務員一種になろうという人が少なくハードルは低めです。
なのに、退職することには調剤薬局の薬剤師の年収を抜くというんですから、これは魅力的な仕事なのではないでしょうか。
それに、いろいろな制度があるので、結婚や出産後の職場復帰も簡単にできそうです。
6年制を卒業した薬剤師が社会に出たら、薬剤師は飽和状態になると言われていましたが、そういう兆候は今のところないようです。
他とは違って売り手市場が続いています。
年収や条件など、自分の希望を最大限尊重して転職ができる数少ない職業でしょう。