«

»

薬剤師で稼ぐには

薬剤師になれば必然的に稼げると思っている人もいます。
しかし、薬剤師でもピンキリですので、一様に稼げるとは言えません。
また、働く職場によっても年収は大きく変わってきます。
全体的な年収平均としては500万円とされていますが、初任給では約400万円が平均となっています。
病院の初任給は年収300万円~350万円程、調剤薬局の初任給は年収400万円前後です。
キャリアを積んで役職につけば、年収500万円~600万円程まで上がるとされています。
実は意外なのがドラッグストアなのですが、ドラッグストアの初任給年収は400万円~500万円程と高めになっています。
加え、店長クラスにまでなると年収800万円になることもあります。
このように、どの職種につくかで年収には差が生じてくるので、就職の際には良く検討してみることが必要でしょう。
ちなみに新卒でも、キャリアが高い薬剤師の年収くらいまで稼げる方法があります。
それは薬剤師が不足している地方で勤務することです。
都会は薬剤師の人材に困ることはないですが、地方の、特に辺境とも言える場所ですと薬剤師はかなり重宝されています。
そのためキャリアがない新卒の薬剤師でも、薬学の知識を保有しているという点で高く評価されます。
初任給で年収700万円以上も珍しくはなく、家付き(無料)なんてオプションもついてきます。
このくらいになると本当に辺境でしょうが、高収入を得たいという人にはお勧めです。
薬剤師の求人を探す方法はいくつかありますが、一番効率よく探せるのは薬剤師求人サイトを活用することです。
PCやスマホを通じてネットで求人が探せるので、空いた時間を有効活用して求人探しができます。
また、薬剤師求人に特化したキャリアアドバイザーもいるので、相談をすることで自分に適した求人情報を紹介してくれます。
不景気だといわれるご時世でも、薬剤師は職にあぶれることなく、主婦になった人も職場復帰しやすいのが特徴です。
年収云々は省いても、長い目で見れば安定性のある職業といえるでしょう。