出雲大社が求人の縁を結んでくれるかも

島根県にある出雲大社は縁結びの神として知られています。
他の地域では10月は神無月と呼びますが、出雲地方では神在月と呼ぶそうです。
この10月の神集いで、神さまごとに一年にどのような縁を結ぶかを決めるのだといいます。
島根県がどこにあるか知らないという方も、この出雲大社なら知っているという方は多いのではないでしょうか。
この神集いでは、人々の縁に関することが決められるというのですから、就職の良縁も決めてくれるかもしれません。
そういえば、島根県には、日本最大の銀山である石見銀山もあります。
昔、石見銀山といえば猫いらずのことを指したそうですが、ここには薬を作る場所もあったそうです。
薬に携わる薬剤師ともそれほど薄からぬ縁がありそうな気がしませんか。
島根県は、他の地方と同じように薬剤師不足が深刻となっています。
薬剤師求人も多く、薬剤師がいないために閉店する薬局もあるほどだといいます。
地域を守る薬剤師として、地域のために働くというのもやり甲斐のある働き方なのではないでしょうか。
おりしも、在宅での服薬指導が推進されていて、薬剤師もこれまでと違う活躍をする場が生まれています。
島根県で、地域の人たちの健康を守る仕事ができるなんてすばらしいと思います。
薬剤師求人はたくさんあるのですから、ぜひそのかなで気になる求人を探して、地域のために活躍していただきたいと思います。
そうすることで、自分自身のためになる縁を結ぶこともできるのではないでしょうか。

古い記事へ «