厳選の薬剤師求人情報 希望条件で転職したいあなたへ! Wed, 16 Apr 2014 14:43:07 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.9 出雲大社が求人の縁を結んでくれるかも /jyoho/idumotaisya/ /jyoho/idumotaisya/#comments Wed, 16 Apr 2014 14:43:07 +0000 /?p=67

続きを読む »]]> 島根県にある出雲大社は縁結びの神として知られています。
他の地域では10月は神無月と呼びますが、出雲地方では神在月と呼ぶそうです。
この10月の神集いで、神さまごとに一年にどのような縁を結ぶかを決めるのだといいます。
島根県がどこにあるか知らないという方も、この出雲大社なら知っているという方は多いのではないでしょうか。
この神集いでは、人々の縁に関することが決められるというのですから、就職の良縁も決めてくれるかもしれません。
そういえば、島根県には、日本最大の銀山である石見銀山もあります。
昔、石見銀山といえば猫いらずのことを指したそうですが、ここには薬を作る場所もあったそうです。
薬に携わる薬剤師ともそれほど薄からぬ縁がありそうな気がしませんか。
島根県は、他の地方と同じように薬剤師不足が深刻となっています。
薬剤師求人も多く、薬剤師がいないために閉店する薬局もあるほどだといいます。
地域を守る薬剤師として、地域のために働くというのもやり甲斐のある働き方なのではないでしょうか。
おりしも、在宅での服薬指導が推進されていて、薬剤師もこれまでと違う活躍をする場が生まれています。
島根県で、地域の人たちの健康を守る仕事ができるなんてすばらしいと思います。
薬剤師求人はたくさんあるのですから、ぜひそのかなで気になる求人を探して、地域のために活躍していただきたいと思います。
そうすることで、自分自身のためになる縁を結ぶこともできるのではないでしょうか。

]]> /jyoho/idumotaisya/feed/ 0
島根で薬剤師求人を探す方法 /jyoho/simane/ /jyoho/simane/#comments Wed, 19 Feb 2014 14:40:36 +0000 /?p=66

続きを読む »]]> 島根県で薬剤師の求人をお探しの際、調合処方薬局の求人ばかりチェックしていませんか。
これだけだと、かなり求人数も絞られてしまうのではないでしょうか。
薬剤師求人は、院内や院外の調合処方薬局だけでなく、製薬会社は無論のこと、ドラッグストアや薬品卸業者、スーパー内の薬局など、多くの求人があります。
求人の内容も正社員からパートタイムに至るまで、様々です。
また、昨今流行のサプリメント系の食品会社やその卸業者などでも、販売する製品の性格によっては、薬剤師を必要とする場合もあります。
その意味でも、薬剤師求人探しはアンテナを広くしておけば、より条件の良い勤め先を見つけられるのです。
とはいえ、求人情報誌を見たり、ハローワークで探すのでは、効率も良いとはいえないですよね。
それらだと、そのわざわざその場所へ赴いたり、場所を特定して探すには何枚もページをめくらなければなりません。
そこでおすすめなのが、インターネット上にある地元島根県に特化した薬剤師求人のポータルサイトです。
勤務先、勤務時間、福利厚生条件、それに給与など、自分の希望する内容をチェックして検索すれば、ピンポイントでよい良い求人が見つかる可能性が高くなります。
また最近では、単なる検索サイトでなく、人材紹介会社と提携して、その場で応募できるサイトや、履歴書の書き方や面接のコツなどをアドバイスしてくれるサイトもあるので、結果的に一般の応募よりも、採用される可能性が高くなります。

]]> /jyoho/simane/feed/ 0
埼玉で薬剤師の仕事を探そう /jyoho/sagasou/ /jyoho/sagasou/#comments Wed, 08 Jan 2014 13:20:35 +0000 /?p=64

続きを読む »]]> 埼玉で薬剤師の仕事を探されるなら、薬剤師求人サイトを利用するといいです。
このサイトは、数万件の求人案件を常に紹介しており、24時間いつでも閲覧可能です。
求人には一般公開されている公開求人のほかに、会員登録した方を対象とした非公開求人があります。
後者の案件のほうが質が高いため、会員登録(無料)して活用しましょう。
薬剤師求人サイトは、好みの条件を指定して調べることができます。
「●●県で年収500万円以上の調剤薬局」なんて条件で探すことも可能でしょう。
薬剤師の仕事は、年収の地域格差が小さいので、地方でもある程度の年収が期待できるでしょう。
むしろ、都市部よりも高額年収を狙えるケースが多いくらいです。
都市部と同じ年収ならば、物価が安くなることを考慮すると、実質的な年収アップと考えていいでしょう。
薬剤師求人をうまく利用するには、ストレスなく働ける職場を選ばれるといいです。
通常、最もストレスが軽いのは調剤薬局だと言われております。
これはほとんどの薬剤師の方が言っているので、間違いありません。
さらに、仕事内容においても調剤薬局は楽であり、人間関係などで悩まれる方は少数派です。
1人作業が多くなるため、誰かと会話する機会も少ないほどです。
薬剤師の仕事は、勤務内容によって勤務強度はまったく異なってきます。
ドラッグストアの場合ですと、店長になれば売上の心配もしなくてはいけません。
経営・営業スキルなども身につけておいたほうがいいのは間違いありません。

]]> /jyoho/sagasou/feed/ 0
兵庫県で探したい薬剤師求人 /jyoho/sagasitai/ /jyoho/sagasitai/#comments Tue, 03 Dec 2013 13:19:48 +0000 /?p=63

続きを読む »]]> 日本の社会全体に言えることですが、急激に高齢化が進行しています。
医療が支えなければならない役割もとても大きくなってきます。
薬剤師の仕事も医療の分野の一角を占めていますから、今後ますますその必要性が高まってきます。
今でさえ薬剤師求人はとても多いものですが、その状況は将来にわたってもそれほど変わらないでしょう。
兵庫県においても薬剤師求人はとても多くあります。
薬剤師の仕事は地域に根差してできる仕事という側面もあります。
兵庫県は面積でいうととても広いですが、エリアをもっと細分することができます。
ましてや仕事という面でいうと、通勤手段も含めて、電車の駅にどれだけ近いかや、自転車や徒歩の県内であるかなどの条件で仕事探しをすることも必要になるでしょう。
薬剤師という資格を通しして、地域で働くことがしやすいのもメリットになります。
通勤に時間がかからないというだけでなく、勤務する時間や雇用の形態に柔軟さがあるのもありがたいことでしょう。
しっかりと収入を確保したいという場合もあれば、短時間の勤務に制限しなければならないという場合もどうしてもあります。
さまざまなニーズに対応できるだけの薬剤師求人があるので、ふさわしいところを選ぶようにしたいものです。
その時に最も条件のいいところで働くために、転職をすることも当然考えてもよいでしょう。
そのための情報収集も十分にすることで、より条件面のいいところに確実に移れるようにしたいものです。

]]> /jyoho/sagasitai/feed/ 0
兵庫の薬剤師求人の特徴は? /jyoho/hyogotokutyo/ /jyoho/hyogotokutyo/#comments Fri, 25 Oct 2013 14:02:09 +0000 /?p=61

続きを読む »]]> 2010年度のデータによれば兵庫県の人口は約560万人という巨大都市で、神戸市、西宮市、宝塚市、尼崎市、明石市、姫路市など全国的にも有数の都市が名を連ねています。
薬剤師数は13400人あまりで、全国5位の数を誇ります。
兵庫県には神戸薬科大学、神戸学院大学、武庫川女子大学、兵庫医療大学、姫路獨協大学など薬剤師を輩出する大学も複数あるとともに、地元から出ずに就職する人も多いこと、県外から進学してそのまま兵庫県内で就職する人も多いことが数の多さに繋がっているのかもしれません。
兵庫県薬剤師会では「まちかど相談薬局ママサポート事業」というのを行っています。
赤ちゃんや小さなお子様をお持ちの方は市販薬の選び方で迷ったり、副作用などの不安を抱えるケースが少なくありません。
そんなママたちをサポートし、少子化が深刻化するなかで子育てのしやすい環境づくり貢献しているのが、ママサポート薬剤師です。
薬剤師求人に応募したうえで、こうした事業に貢献するのも素敵ですね。

]]> /jyoho/hyogotokutyo/feed/ 0
宮崎で薬剤師として職場復帰 /jyoho/syokubahukki/ /jyoho/syokubahukki/#comments Fri, 20 Sep 2013 13:46:55 +0000 /?p=60

続きを読む »]]> 宮崎の薬剤師求人情報を見ると様々な職場の求人情報が豊富にありました。
豊富な薬剤師求人の中から探せたら自分のライフスタイルに合った条件の仕事もみつかりやすいです。
よく育休から復帰しても仕事探しが難しいと聞きます。
子供のために働ける時間が限られたり、有休がとれるかという問題もあることでしょう。
子育てと両立できるかどうか、仕事を休んだ期間が長いため以前のように働けるか、仕事の勘が取り戻せるかなど心配がつきないかもしれません。
しかし働くお母さんを応援していている職場も多くあるのです。
育児サポートが充実していたり、同じく働くママさんが多くいる職場だと安心できて働けることでしょう。
随分と産休から復帰する体制が整ってきているので職場復帰もしやすくなりました。
以前と同じ職場でなくても条件の合う求人はあります。
正社員だけでなくて契約社員やパートととして働くこともできるんです。
自分の好きなスタイルで働ける職場を見つけましょう。

]]> /jyoho/syokubahukki/feed/ 0
年収の高い薬剤師求人を探す /jyoho/nenshu-kyujin/ /jyoho/nenshu-kyujin/#comments Sat, 31 Aug 2013 11:08:44 +0000 /?p=56

続きを読む »]]> 薬剤師の年収は平均で600万円に届かないくらいだといいます。
6年間勉強ばかりでやっと国家試験に合格してもそれくらいかと思った方、これはあくまで平均した年収なのでもっともらっている方はもらっています。
ドラッグストアで責任ある立場になると、年収1000万円になるという話を聞いたこともあります。
では、年収の高い薬剤師求人を探すにはどうしたらいいのでしょう。
年収だけで考えるのなら地方で就職するという選択肢があります。
医師の都市偏在は以前から言われていますが、実は薬剤師も都市に偏在している傾向が強くあります。
地方の薬局や病院では薬剤師不足で困っています。
薬剤師がいなくて困っているんですから、それなりの年収を出しても人材を確保したいというところでしょう。
それは年収を上げて医師に来てもらおうと努力するのに似ています。
年収が増えるとしても地方に行くのはどうもという方は、先に書いたドラッグストアで働くという方法もあります。
責任ある立場になり販売力もつけたなら、薬局や病院で働くよりも年収が良くなる場合もあります。
仕事は大変になるでしょうが、その分年収はアップするので望み通りでしょう。
他にも、年収やボーナス、退職金も期待できる仕事に、薬剤師の地方公務員、地方公務員一種になるという選択肢もあります。
あまり存在が知られていないのか、薬剤師で地方公務員一種になろうという人が少なくハードルは低めです。
なのに、退職することには調剤薬局の薬剤師の年収を抜くというんですから、これは魅力的な仕事なのではないでしょうか。
それに、いろいろな制度があるので、結婚や出産後の職場復帰も簡単にできそうです。
6年制を卒業した薬剤師が社会に出たら、薬剤師は飽和状態になると言われていましたが、そういう兆候は今のところないようです。
他とは違って売り手市場が続いています。
年収や条件など、自分の希望を最大限尊重して転職ができる数少ない職業でしょう。

]]> /jyoho/nenshu-kyujin/feed/ 0
薬剤師で稼ぐには /jyoho/kasegu-niha/ /jyoho/kasegu-niha/#comments Sat, 10 Aug 2013 03:07:58 +0000 /?p=55

続きを読む »]]> 薬剤師になれば必然的に稼げると思っている人もいます。
しかし、薬剤師でもピンキリですので、一様に稼げるとは言えません。
また、働く職場によっても年収は大きく変わってきます。
全体的な年収平均としては500万円とされていますが、初任給では約400万円が平均となっています。
病院の初任給は年収300万円~350万円程、調剤薬局の初任給は年収400万円前後です。
キャリアを積んで役職につけば、年収500万円~600万円程まで上がるとされています。
実は意外なのがドラッグストアなのですが、ドラッグストアの初任給年収は400万円~500万円程と高めになっています。
加え、店長クラスにまでなると年収800万円になることもあります。
このように、どの職種につくかで年収には差が生じてくるので、就職の際には良く検討してみることが必要でしょう。
ちなみに新卒でも、キャリアが高い薬剤師の年収くらいまで稼げる方法があります。
それは薬剤師が不足している地方で勤務することです。
都会は薬剤師の人材に困ることはないですが、地方の、特に辺境とも言える場所ですと薬剤師はかなり重宝されています。
そのためキャリアがない新卒の薬剤師でも、薬学の知識を保有しているという点で高く評価されます。
初任給で年収700万円以上も珍しくはなく、家付き(無料)なんてオプションもついてきます。
このくらいになると本当に辺境でしょうが、高収入を得たいという人にはお勧めです。
薬剤師の求人を探す方法はいくつかありますが、一番効率よく探せるのは薬剤師求人サイトを活用することです。
PCやスマホを通じてネットで求人が探せるので、空いた時間を有効活用して求人探しができます。
また、薬剤師求人に特化したキャリアアドバイザーもいるので、相談をすることで自分に適した求人情報を紹介してくれます。
不景気だといわれるご時世でも、薬剤師は職にあぶれることなく、主婦になった人も職場復帰しやすいのが特徴です。
年収云々は省いても、長い目で見れば安定性のある職業といえるでしょう。

]]> /jyoho/kasegu-niha/feed/ 0
更なる年収アップに専門サイトで良い条件の薬剤師求人を見つけ転職 /jyoho/nenshu-appu/ /jyoho/nenshu-appu/#comments Fri, 19 Jul 2013 04:07:42 +0000 /?p=54

続きを読む »]]> 薬剤師は処方箋に基づいて医薬品を調剤するのが主な仕事です。
よく見かける場所は調剤薬局やドラッグストアです。
日頃お世話になっている人も大勢いることでしょう。
なるには国家試験に合格するのが必須です。
この資格を取得するには国家資格だけに難関なわけですが、合格して働けば高給も可能であり、大いなる魅力を秘めている職業であるといえるでしょう。
気になる年収ですが、大手であったり店長クラスかどうかなど様々な条件によって多少違いがあるものの、調剤薬局やドラッグストアや病院なら大体500万円ほどといわれており、製薬会社だともう少し高いともいわれています。
なりたての頃は当然のことながら400万円くらいから始まり、ドラッグストアでの店長クラスになれば600万円も700万円も稼げることがあります。
しかしながら調剤薬局やドラッグストアでの勤務をしている場合が特に多いわけで、大体500万円ほどの年収の場合が多いのではないでしょうか。
もし今現在の職場に満足できず、年収をもっと増やしたいのであれば、転職するのも良いことでしょう。
転職するのは勇気が要ることですが、転職することによって確実にプラスになるのであれば、実行する意義は大いにあるといえます。
その際には専門サイトに登録しましょう。
専門サイトは薬剤師求人に特化しているので、関係のない業種が混じっていることなく集中して探していけます。
しかも全国で探せる上に、コンサルタントがいるので、コンサルタントのサポートも受けながらもっと年収アップの望める職場を見つけられることでしょう。
こだわり条件で探せるサイトの場合、年収600万円以上可などで探せることもあり、非常に良い条件の薬剤師求人がたくさんあることが分かります。
専門サイトに登録すれば非公開求人も知ることができ、非公開求人にも良い条件のものが多数あることでしょう。
また、専門サイトで良い条件の薬剤師求人を見つけて転職することに加えて、新しい職場では長く勤続し、能力を最大限発揮することも年収アップに大切だといえます。

]]> /jyoho/nenshu-appu/feed/ 0
競争激化で薬剤師求人もより専門的な人材が求められる /jyoho/senmontekina/ /jyoho/senmontekina/#comments Fri, 22 Feb 2013 06:06:30 +0000 /?p=48

続きを読む »]]> 2012年は薬剤師にとって節目の年となったのではないでしょうか。
それは平成18年度からスタートした、
6年生の薬学部を卒業した薬剤師が社会に出てくる年になったからです。
6年生の薬学部で学んだ薬剤師はより専門性の高い人材でしょう。
それでなくても薬剤師求人が減っていると言われるなか、
転職をしようという時に強力なライバルがいるという厳しい状況です。
しかも、薬局は飽和状態でドラックストアの出店も頭打ち、
調剤薬局でも薬価が引き下げられました。
このような状況の中では、
ただ調剤ができるだけでは転職が難しくなっています。
もちろん暗い話題ばかりではありません。
やる気にある薬剤師ならいままでとは違う活躍の仕方ができるようになりました。
それがチーム医療や専門薬剤師などです。
臨床の現場で薬物治療の担い手として頑張っている薬剤師は大勢います。
またどんどん新しい薬剤が登場する今の現状では、
臨床の現場でも薬剤についてアドバイスしてくれる薬剤師がいてくれることは、
医療を担う医師としても心強いものがあります。
医師から頼もしいと思われるそんな薬剤師になることで、
厳しい状況のなかでも自在に転職できる力を身につけることができるでしょう。
がん専門薬剤師や精神科専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師など、
医師に薬学の最新情報を知らせることで、
患者によりベストな医療を行うことができるようになります。
いまノロウイルスが猛威をふるっていますが、
こういう時こそ感染制御専門薬剤師がその専門の知識で、
患者を守ることができる場面だと思います。
調剤だけしかできない薬剤師が淘汰されていく一方、
医師から頼りにされるような専門薬剤師が活躍できる場が多くなっているのです。
どんどん新しい薬剤が誕生している今、
どんどん新しい知識を吸収していこうというやる気のある薬剤師なら、
どのようなところでもこれまでにない活躍ができるのではないでしょうか。
そうなれば転職に悩むこともなくなるでしょう。

]]> /jyoho/senmontekina/feed/ 0